女性が働ける道が生まれるエンジニア業界

IT業界で働く人たちのイメージとして、システムエンジニアやプログラマが日々寝る間も惜しんで働き続けるということを想像するのが一般的です。
そのため、体力と精神力が要求されるあまり、きれいな仕事ではないと考えられて、男性が担う仕事であると考えられがちです。
しかし、社会基盤がITによって支えられるようになったこともあって、女性でもIT業界で活躍したいという人も増えてきています。

ところが、エンジニアは専門性が高く、プロジェクトの一員として働いているときには欠員になってしまうと、プロジェクトそのものが滞ってしまうリスクが高いという側面があります。
仕事を引き継ぐということが難しく、その人にしかその仕事が担えない代替不能な仕事であることも稀ではないのです。
そのため、企業としてもライフイベント等で休暇を取る可能性がある人をあまり入れたくないというのは事実としてあります。

しかし、状況は変わるものであり、女性が活躍できる形でIT系の仕事に関わる道が開拓されてきています。
チームのマネジメントを行ったり、中心ではなく支援側として働いたりする場合には、エンジニアとしての素養が必要とされるITの最先端の現場でありながら、ある程度の能力がある人であれば、入れ替わって仕事をすることが可能な立場になるのです。

こういった代替可能な仕事を担って全体の効率を上げていく道が生まれてきていることで、女性の進出もしやすくなってきているのです。
今後も素敵な女性エンジニアが増えていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です