女性がエンジニアとして活躍する道

エンジニアはとても専門性が高い業種であり、ひとたびプロジェクトから抜けられてしまうと、そのチームとしては代わりの人材を手に入れることがとても難しく、大打撃を受けることになってしまいます。
そういった代替不能な側面が強いことから、女性にとっては企業に勤めていくのが難しい業種になっています。
出産や子育てなどのライフイベントによって、休みをとらざるを得ない状況が生じてしまう可能性が高いからです。

就職の道は開かれているため、新卒者を中心に若い世代でエンジニアとなる女性は見られるようになっているものの、年齢と共に減少してしまう傾向にあるのもこういった事情があるからだと言えます。
企業が職場を改善することによって対応していくことは不可能ではないものの、代替がきかないという点を覆すのは難しく、利益を上げなければならない企業としては重要性の低いプロジェクトを担当してもらうか、複数人で同じ仕事に当たってもらうかといった選択肢しかないでしょう。

こういった観点から企業に勤めるのは難しい状況が続く可能性がありますが、フリーランスを行うという道は残されています。
短期間の契約であれば依頼をする企業側もライフイベントによって仕事が滞ることを懸念する必要もないからです。
獲得できる仕事内容にも自由度があり、一般的にコミュニケーション能力が高いことが多い女性にとってはフリーランサーとなるのはメリットが大きいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です