女性エンジニアの参画の道が広がる

これまでの日本においては、男性がほとんどの担ってきた職種もいくつかあり、概して体力が必要であったり、危険を伴ったり、時間的な制約が厳しかったり、業務内容があまりきれいではなかったりするものでした。
そのうちに含まれていたのがエンジニアであり、激務をこなす体力の必要性や、残業を行う毎日といった労働条件がある状況を改善できなかったという側面があります。

労働環境の改善が望まれている今日においては、そういった状況が改善されてきていることに加えて、性別の違いによる物事への視点の違いに着目する考え方が生まれてきています。このことから、女性にとってもIT系エンジニア業界は進出がしやすい状況ができてきています。

特にニーズが高いのは、ビジネスに直結するタイプの仕事です。
女性ならではの視点でビジネス展開に必要となるシステム開発やWeb開発、あるいはその導入、運用、保守などを行ってくれる人材は女性をターゲットとするファッション業界や、アパレル業界などで重宝される傾向ができてきているのです。

特にインターネットやアプリを用いたビジネス展開が広まっていることから、デザイン性のあるWeb制作やユーザー獲得のために魅力の高いアプリ開発に携われる人材が必要とされています。
他のエンジニアと組んで発想のサポートという視点からプロジェクトに参加できる場合もあり、経験が浅くても始められる配慮がされている現場も多く、進出がしやすい傾向が生まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です