女性エンジニアの就職での2つの考え方

エンジニアの道を歩むのは性別を問わずとても険しい道ではありますが、世界の社会基盤を担うやりがいのある仕事でもあります。
もともと男性が担ってきた業種でもあるため、女性の進出が難しい状況が続いてきましたが、社会的要請によって男女平等の動きが生まれたことや人気の高まりによってその道が開けてきています。

しかし、現場においては最先端の場で働く人員にライフイベントとはいえ、休暇を取らざるを得ない人が生まれるのは痛手であるということも多く、積極的に活動場所を提供している企業はまだ多くありません。
そのため、女性がまず考えるべき就職先には2つの考え方があります。

1つは、男女平等な機会を与えようと努力をしている大企業に就職を考えるという方法です。
企業イメージの向上のためにも、女性比率を上げたいと努力をすることができるような資金的余力のある企業に入ることによって、福利厚生が充実していることに加えて、ライフイベントを見越した仕事内容の割り振りなどの配慮を受けて、エンジニアとして仕事をしていくことができる可能性が高いからです。

一方、もっと最前線で仕事をしたいなら、ベンチャー企業に就職するという方法があります。欠員が出ると痛手であるのはベンチャー企業も同様ですが、その企業が必要としている実力を伴うのであれば話は別です。
今欲しい人材を確保しなければならないという状況が多いため、そのニーズに合致すれば仕事を獲得できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です